Advertisement

遺糞症

概要

遺糞症は便失禁とも呼ばれています。4歳を超えた子供が衣服の中に便をしてしまうことです。この行為は便秘に関連していることが多いものです。

便が腸の中に停滞していると便秘になります。便秘の治療はとても簡単で、普通は便の失禁も解消されます。

Advertisement
Advertisement

原因

原因

子供が繊維や水分を十分摂らなかったり、あまり運動をしないと、糞便が硬くなり出しずらくなります。これが排便に痛みが伴う原因となります。そして液体の糞便や軟便が漏れ、下着を汚すのです。これを失禁と言います。子供は意識的に失禁をコントロールできません。

遺糞症は直腸に詰まっている硬い糞便が原因です。体は排泄物を取り除く必要があるので、その詰まった所の周囲から便が漏れるようになります。子供に排便が必要だという感覚がなくなるほど、腸が拡張してしまうことがあります。

遺糞症のよくある原因は次のようなものです:

  • 排便回数が3日に1回より少ない
  • 繊維の少ない食事
  • ほとんど運動をしない
  • 水分の不足
  • 排泄のしつけが早すぎる

心理的原因には次のようなものがあります:

  • 行為障害のような異常な行動
  • 家庭、学校、その他のストレス要因
  • 排泄に関する不安

遺糞症が心理的原因に伴うからといっても、子供が症状をコントロールできるという意味ではありません。わざとに失禁しているわけではないのです。公共のトイレを使う恐怖などのコントロール可能な不安から問題が始まったとしても、時間経過とともにそれが無意識なものになってしまうことがあります。

リスク

リスク

子供が遺糞症になる可能性を高めるよくあるリスク因子 次のような因子があります:

  • 繰り返し起こる便秘
  • 子供の排便習慣への変更
  • 排泄のしつけ方の不手際

ピッツバーグ小児病院によると、男児は女児より6倍も遺糞症になる可能性が高いということです。(CHP)

あまり一般的でない他のリスク因子として、次のようなものがあります:

  • 糖尿病や甲状腺機能低下症などの便秘を引き起こすような病気
  • 性的虐待
  • 情緒障害と行動障害
  • 直腸の組織の裂傷
Advertisement
Advertisement
Advertisement

症状

症状

最もよく見られる遺糞症の徴候は、下着の汚れです。便秘が遺糞症の前兆である場合があります。子供が3日間排便しなかった場合、便秘をしている可能性があります。

子供が失禁したことを恥じたり罪悪感を感じることもあります。クラスメートに知られて、学校でからかわれているかもしれません。その結果、子供がこの問題について隠すような行動を見せることがあります。例えば、汚れた下着を隠すことなどです。

診断

診断

遺糞症は通常、症状の訴え、医療歴、診察に基づいて診断されます。診察では直腸の検査も行うことがあります。医師は大量の乾いた固い糞便があるかどうか調べます。

腹部X線で蓄積した便の量が分かります。

心理学的評価を行って、この問題の根底にある感情的な原因を探ることもあります。

Advertisement
Advertisement

治療

治療

詰りを除く

子供の担当医は詰りを除いて便秘を解消する製品を勧めてくれるでしょう。そのような製品として次のものがあります:

  • 鉱物油
  • 浣腸剤
  • 緩下剤

ライフスタイルの変更

子供が遺糞症を克服するためのライフスタイルの変更点がいくつかあります。

繊維質の多い食事を摂り、スムーズな排便を促します。繊維分の多い食品の例として、イチゴ、レーズンブランシリアル、豆類、ブドウ、ブロッコリーなどがあります。

毎日水を240 ccのコップで8杯飲むと、便が柔らかくなり排便が楽になります。カフェインの摂取を控えることも、脱水の予防になります。

毎日の運動は腸内の便の移動を助けます。子供に運動するよう促してください。テレビやインターネットなどを見る時間を制限し、子供が体を動かす時間を増やします。

行動の修正

行動修正療法を取り入れて、トイレを利用すること、高繊維食品を食べること、パンツに失禁しないことに対して褒美を与えます。褒美は、ほめ言葉であれ物であれ、一貫していればいいのです。失禁したことを叱ってはいけません。叱ると排便に対する不安を引き起こします。その代わり、失禁が起きた後は叱りもほめもしない中立の態度をとりましょう。

心理カウンセリング

精神的苦痛や根底にある行動異常が見られる場合は、子供の心理カウンセリングが必要かもしれません。カウンセラーは原因となっている問題に対処する手助けをしてくれます。また、子供が対処能力を身に着け、自己を尊重する気持ちを持つよう導いてくれます。両親に対しても、効果的な行動修正の手法を指導してくれます。

Advertisement

予防

予防

排泄のしつけは健全なアプローチで行うことです。子供側の準備ができるまで、排泄のしつけは始めないようにしましょう。通常2歳になるまでは、子供側の準備ができていません。遺糞症を予防する他の方法として、次のことがあります:

  • 子供に必ず高繊維食品を食べさせる
  • 子供に水をたくさん飲むように促す
  • 子供と一緒に定期的に運動する
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement