Advertisement

尿流量測定検査

概要

尿流量測定法(または尿流速計とも呼ばれる)は、排尿の量と速度を検査するために使用される検査法です。 この検査は、尿の流れが遅いことやその他の排尿問題の原因を特定するために役立ちます。

Advertisement
Advertisement

目的

目的

尿の出が遅い、または排尿困難の症状において、ほとんどの場合、医師は尿流量測定検査を勧めます。 検査は、尿路がどの程度機能しているかを判断するために使用される場合もあります。

尿の流れの平均値と最大速度を測定することによって、検査は閉塞または障害の重症度を推定することができます。 また、膀胱が弱くなっていたり、前立腺肥大症など、他の尿の問題を特定するためにも役立ちます。

Advertisement

準備

準備

尿流量測定検査は、排尿することにより行われます。 それは厄介または不快に思えるかもしれませんが、検査中に、身体的な不快感はありません。

膀胱がいっぱいの状態で診察室に到着するようにしてください。 理想的には、検査前の数時間は排尿を控え、検査のために十分な尿を確保するために液体をたくさん飲むことが良いでしょう。

Advertisement
Advertisement

過程

過程

普通の尿検査とは異なり、カップの中に普通に排尿するのではなく、漏斗状の装置または特別なトイレに排尿する必要があります。 またトイレットペーパーをトイレの上や中に入れないことが重要です。

速度や流れを操作せず、普段どおりに排尿することが最善の方法です。 電子尿流量測定器は、排尿の速度や量を計測できる漏斗やトイレに繋がっています。 装置の電源が入るまでは、排尿を控える必要があります。

排尿が終了したら検査装置が結果を表示し、 医師から検査結果が説明されます。

Advertisement

結果

結果

正常な尿の流れは、年齢や性別によって異なりますが、1秒間に10ミリリットルから21ミリリットルです。 女性は、年齢とともに変動が少なくなる傾向があり、また平均は1秒間に15〜18ミリリットルです。

尿流量の低下が示唆するものは以下のとおりです:

  • 尿道閉塞
  • 膀胱の筋力低下

一方で、流量の増加が尿の流れを制御する筋力の低下を示している可能性があります。 また排尿の増加は、尿失禁の徴候である可能性もあります。

尿の流れを検査した後、治療計画を立てる前に個々の状況と症状が考慮されます。  例えば2人に同じ検査結果が出たとしても、全く違う方法で治療することがあります。

検査結果を話し合う上で主治医が最も適した人であり、その治療法が推奨されるものであるかどうかや、その他の治療選択肢を判断する上で患者をサポートします。

Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement