Advertisement

尿道症候群

概要

症候性細菌尿とも呼ばれる尿道症候群の症状の多くは尿道炎(尿道の感染症と炎症)のものに類似しています。 これらの症状は腹痛や痛みを伴う頻尿を含みます。 尿道症候群と尿道炎は二つとも尿道の炎症を起こします。

これらの疾患の主な違いは尿道炎の多くは細菌やウイルスが起因となり、尿道症候群のはっきりとした原因は判明していないことです。

尿道とは膀胱から尿を身体の外へと運び、排出する管です。 尿道の役割は尿およびまたは精液を運ぶことです。

Advertisement
Advertisement

リスク

リスク

サミットメディカルグループ(Summit Medical Group)によると、この疾患は年齢を問わず発生します。 しかし、この疾患が発生する患者の多くは女性です。 尿道症候群が男性に発生することはまれです。(Summit Medical Group、2009年)

原因とリスク

原因とリスク

原因

尿道症候群には唯一の原因はありません。 最も多くみられる原因は尿道の身体的異常(異常な狭窄など)や尿道の炎症・怪我を含みます。

香水や石鹸、バブルバス、また整理用ナプキンなどの香りのついた製品は尿道を刺激する場合があります。 尿道を刺激する可能性のある製品は殺精子性ジェル、カフェインを含む食品や飲料、化学療法、また放射線を含みません。

性行為やペッサリー・タンポンの使用、また自転車に乗ることは尿道に損傷を与える可能性があります。

細菌感染症やウイルス感染症が確認された場合、この状態は尿道炎と呼ばれます。 しかし、まれに医師が感染症を疑う場合でも検査でこれを確認できない場合があります。 こういった状態は「尿道症候群」と診断され、治療が施されます。

リスク因子

下記のリスク因子は尿道症候群の直接原因であると信じられている訳ではありませんが、発症の可能性を高めるといわれています。 リスク因子としては次のものがあります:

  • 細菌が原因とはる膀胱感染症、または腎臓感染症を患う場合
  • 特定の薬剤の服用
  • コンドームを使用せずに性行為を行った場合
  • 性感染症に感染した場合(STI)
  • 性行為を行った場合(女性)
Advertisement
Advertisement
Advertisement

症状

症状

この疾患は様々な症状を起こします。 尿道症候群は性別を問わず、次の症状を起こします:

  • 下腹部の痛みおよびまたは圧迫感
  • 強い排尿衝動
  • 頻尿
  • 排尿困難
  • 排尿時、または性行時の痛み
  • 外陰部の不快感(女性)
  • 尿中の血液

尿道症候群には男性にのみ見られる症状もあります。 これらには次のものがあります:

  • 精巣の腫れ
  • 射精時の痛み
  • 精液に血が混じっている
  • 陰茎からの分泌物

診断

診断

尿道症候群は明白な原因(特にウイルスや細菌が原因となる感染症)の可能性が除外された場合に診断されます。

医師はまず患者の症状や病歴を確認します。 医師は次に身体診察を行い、尿サンプルを採取します。 医師はまた血液サンプルを採取し、骨盤部の超音波を行う可能性もあります。

初回に施される直接的な治療で効果が見られない場合、医師は尿道の内部を診察するためにスコープを利用する必要があります。

Advertisement
Advertisement

治療

治療

医師は尿道症候群を治療するために様々な方法を利用する場合があります。

薬物療法

尿道症候群に最も多く利用される薬剤の種類は抗生物質や、麻酔剤、鎮痙薬、抗うつ剤、またα遮断薬です。

ライフスタイルの改善

医師は香料のついた石鹸や長時間自転車に乗ることなど、尿道を刺激する製品や活動を避けるよう患者に指示します。

手術

また、医師は尿道を広げるために手術や拡張器を利用する場合もあります。 こういった方法は、症状の起因が尿道の収縮であると思われる場合に行われます。 尿道の収縮は怪我や炎症、また瘢痕組織の形成などが起因となります。

Advertisement

予防

予防

この疾患を過去に患った経験のある患者は再発を防ぐためにいくつかの措置を行うことができます:

  • 尿道を刺激する製品の使用を避ける
  • 安全ではない性行為を避ける
  • 性感染症を疑う場合、または患っていることがわかっている場合は検査、また治療を受けましょう。
  • 性行為後はすぐに排尿するよう努力しましょう。
  • 陰部は前から後ろへ拭きましょう。
  • きつすぎるジーンズやパンティストッキングの着用は避けましょう。
  • ナイロン素材の下着ではなく、コットンのものを着用しましょう。
Advertisement
Advertisement

議論

議論

最後に、尿道症候群の明白な細菌性、またウイルス性の原因が確認されないからといって患者が仮病を使っている、または精神的なものであるという訳ではありません。

この疾患を患う患者が体験する痛みや不快感は現実的なものです。 これは、薬剤の服用や生活スタイルを変えることで症状の再発を防ぐことができることからこう信じられています。

Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement